日常に+αの楽しさを!イベント情報サイト「マイライフ・プラス」
日付からイベントを探す
アクセスランキング
本日から開催
投稿フォーム
facebook

詩画作家

智乃-chino-

アート
テキスト(詩・文章) × イメージ(絵・写真)= 詩画。
デジタル・アナログ問わず、主に『かく』ことによって表現。
自由詩を元にした絵を描き、掛け合わせて『詩画』として表現することが多い。
定まりにくい、口に出しにくい意識・感覚・感情・考えなど、鬱屈した内面世界を作品に表す。
作品内には髪の長い女性が多数登場し、現在は地元である群馬県を拠点に活動。
「暗さ」は「潜んでいる」という考えや表現から、暗い色彩ではなく
あえて淡くぼんやりした色彩で表現することが多い。
また、パッと見ただけではわかりにくい視覚効果を取り入れた作品も数多く制作。
角度・光の加減を変えて見ることで、「それまでとは違う感じ方ができるように」という意味を込めている。
過ぎたとしても、少しは潜められるようになったとしても、
「朝」と「夜」、「光」と「闇」、「白」と「黒」、「火」と「水」、
受け入れられやすい「明るさ」と相反する要素として存在するモノ。
「嫌い」「苦手」「こわい」と言うくせに、それでも目を向けてこねくり回しているモノ。
そこからほんの少しでも違う意味を与えてくれそうな手段。
さてなんだろう。と考えながら。
【作家略歴】
・平成生 199X/8/26
・群馬県生まれ群馬県育ち、在住
・東日本デザイン&コンピュータ専門学校デザイン学科 H24卒

【 主な展示会・イベント 】
2013年 第9回全国美術公募作品展ベラドンナ・アート
2014年 公募展「ARTSENSE vol.2」
2015年 日本画家:草住友哉・詩画作家:智乃二人展「二人展-瞬き-」
2015年 グループ展「花鳥風月」
2016年 初個展「色葬観-shikisoukan-」
2016年 二人展「晴智乃ふたり展-crystal-」
2016年 屋内イベント「いろ・おろ・ものvol.2」(ライブペイント)
2016年 グループ展「花鳥風月vol.2」
2017年 屋内イベント「いろ・おろ・ものvol.3」(即興ピアノ演奏×ライブペイントコラボ)
2017年 画家:晴智ありさ主催「うろこのすきま」
◉その他企画展に多数参加

【 掲載 】
・Artrepo様(H29.5.31)【 アーティスト紹介 (芸術)】
・上毛新聞(H27.9.20)【「二人展-瞬き-」記事】
・上毛新聞(H27.2.21)【旬の人コーナー】
関連リンク
最近の参加イベント
myLiFE+の最新情報をお届けします。
是非、フォロー、いいねをお願いします。

おすすめイベント