日常に+αの楽しさを!イベント情報サイト「マイライフ・プラス」
ミュージカル『刀剣乱舞』 公開ゲネプロ Ⓒミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
ミュージカル『刀剣乱舞』本日開幕!舞台写真とコメントが到着
演劇・舞台
11月4日(土)よりTOKYO DOME CITY HALLにて、ミュージカル『刀剣乱舞』 ~つはものどもがゆめのあと~ が開幕。公演に先立って行った公開ゲネプロの模様と、キャスト・演出家からのコメントが公開された!

シリーズ4作目の今作では、「阿津賀志山異聞」で出陣した刀剣男士のうち、三日月宗近、小狐丸、岩融、今剣の4振りが再登場。さらに、源氏の重宝といわれる髭切、膝丸の2振りが加わり、新たな物語を描きます。

■キャスト・演出家コメント
▼三日月宗近役 黒羽麻璃央さん
刀剣男士は歴史を守るものだと思っていたのですが、今回の内容に関しては、1部2部ともに攻めの姿勢を持って いるので、今までの3作品とはまた違った、いい味を出せているのではないかと思います。きっと審神者の皆さん は、いいものを作ってくると期待してくださっているので、遥か上を行く作品をお届けしたいと思っています。

▼小狐丸役 北園 涼さん
シンプルに、緊張しています。ただ、この新作を本当に楽しみにしていましたし、「阿津賀志山異聞」を経て、僕たち が刀剣男士としてどれだけ成長したかということがこの作品に込められていますので、「幕末天狼傳」、「三百年の 子守唄」に負けない作品になっていると思います。初日のお客様の反応が楽しみです。

▼岩融役 佐伯大地さん
僕ら三条の刀剣男士は歴が長いので、刀剣男士としても、人としても、役者としても苦楽を共にしてきた仲間が本 当に心強いと思っております。舞台上では、冷静に精いっぱい演じて、新たな自分、新たな刀剣男士に出会えるよ うな、ミュージカル『刀剣乱舞』の最高傑作と言われる公演にしたいと思います。

▼今剣役 大平峻也さん
僕は、今剣が義経公の守り刀ということで、義経の歴史をすごく調べるのですが、今回の台本で稽古をやってい て、もしかしたら歴史にはこういうこともあったんじゃないか、というようなことをすごく感じました。今、誰も証明できな い、実際に見た人が居るわけでもない色々な伝説がある中で、ミュージカル『刀剣乱舞』のこの公演が、100年後、 200年後に、源義経の1つの伝説として残ったら良いなと思っております。

▼髭切役 三浦宏規さん
ミュージカル『刀剣乱舞』という作品に憧れていたので、今ここにこうして刀剣男士として立てていることが夢のよう です。客席で観ていた憧れの先輩方と共に、そして、新しく入った弟と2振りで、先輩方の胸を借りながらも一生懸 命食らいついて、最高の初日にしたいと思います。

▼膝丸役 高野 洸さん
見どころがとても多い作品で、その分、課題もすごく多くて苦戦したりもしましたが、刀剣男士のキャストとして歴史 が長い4人の皆さんとこうしてやってきて、とても優しくしてもらって今日まで来られました。 初日、すごく緊張していますが、千秋楽までしっかりと、精いっぱい頑張りたいと思います。

▼演出 茅野イサムさん
トライアル公演から丸2年が経ちまして、一番驚いたのは三条のメンバーのこの2年間の成長です。僕が驚いたくら いなので、お客様は本当にびっくりしてくださると思います。役者としての彼ら個人の成長が、この本丸の刀剣男士 たちの成長と重なっているな、と思いながら稽古をしてきました。それから、この我らの本丸に新たにお迎えした2振り、髭切、膝丸の2人はゴールデンルーキーで、すごく図太く(笑)、いい意味で物怖じせず稽古場で躍動しておりました。彼ら新人を、先輩たちがしっかりと見守ったりリードした りしていて、そういう意味でも良い稽古場だな、と思っておりました。 ただ彼ら、お芝居についてはまだまだキャリアは短いですが、歌やダンスに関しては先輩たちを凌駕するくらいのス キルを持っていて、佐伯は教わったりしていたんだよね?(佐伯「そうですね、僕は振りを教わっていましたね!」) そんな感じで、この2年間のミュージカル『刀剣乱舞』の充実度をすごく感じながら稽古をしました。 内容に関しては、詳しいことは全く言えませんが、一言で言うと”衝撃作”だと思います。 今まで踏み込んでいかなかった「刀剣乱舞」の深い世界に今回は踏み込んでいきますので、きっと、観に来てくださ る方々も、驚かれるんじゃないかと思います。でも、これも「刀剣乱舞」だと、胸を張ってお見せ出来る作品になって いますので、皆さんに早く観ていただきたくて、幕が開くのをワクワクして待っています。

■公演概要
【タイトル】ミュージカル『刀剣乱舞』 2017年秋 新作公演
【公演期間・劇場】
東京:2017年11月4日(土)~11月12日(日) TOKYO DOME CITY HALL
京都:2017年11月17日(金)~11月19日(日) 京都劇場
東京凱旋:2018年1月6日(土)~1月14日(日) 日本青年館ホール
大阪:2018年1月26日(金)~1月30日(火) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
【原案】『刀剣乱舞-ONLINE-』より(DMM GAMES/Nitroplus)
【演出】茅野イサム
【脚本】御笠ノ忠次
【振付・ステージング】本山新之助
【出演】
三日月宗近役 黒羽麻璃央
小狐丸役 北園 涼
岩融役 佐伯大地
今剣役 大平峻也
髭切役 三浦宏規
膝丸役 高野 洸
武蔵坊弁慶役 田中しげ美
源義経役 荒木健太朗
源頼朝役 冨田昌則
藤原泰衡役 加古臨王
岩崎大輔 大野涼太 笹原英作 西岡寛修 鴻巣正季
山口敬太 杉山諒二 服部 悠 河野健太 宮尾 颯
市川裕介 伊達康浩 片山浩憲 田巻 篤
寺田遥平 佐藤文平 齊藤謙也 島田連矢
【主催】ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
(ネルケプランニング ニトロプラス DMM.com ユークリッド・エージェンシー)
関連イベント  2017年秋 新作公演 東京公演
ウェブサイト  ミュージカル『刀剣乱舞』公式サイト
Ⓒミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
myLiFE+の最新情報をお届けします。
是非、フォロー、いいねをお願いします。

最近のニュース
  • ‘のん’初個展メインビジュアル、解禁!
    4月19日から5月8日(火)まで東京・渋谷のGALLERY X BY PARCOで開催される女優、モデル、ミュージシャン、画家、と多くの顔を持つ創作あーちすと‘のん’の個展『‘のん’ひとり展-女の子は牙をむく-』のメインビジュアルが解禁された。 女優、モデル、ミュージシャン、絵描き、と多くの顔を持つ創作あーちすと‘のん’。本展覧会は、‘ のん’の初となる展覧会。今回、展覧会を開催するにあたり、‘のん’本人が打ち出したコンセプトをもとに描き下ろした 絵画、立体物、インスタレーションを中心に、スケッチ、自作の衣裳など、コンセプトにあわせてセレクトされた過 去作品など、様々な形態のアート作品を展示。 また、一見「抽象的」にみえる作品たちを、‘のん’自らが身体を使って、そして演出を加えて、より「具体的」な作 品に落とし込んだ写真作品があり、その両方の作品を同時に見ることができるのも本展のみどころのひとつ。それは、自ら表現者として表に立ち続けてきた’のん’だからできるアート表現、アート解説でありながら、なにより、作品をみる人にも自由な発想でたのしんでほしいという‘のん’からのメッセージが込められている。 本人がペイントした牙をモチーフにしたTシャツやトートバッグ、 オリジナルグッズの販売やコラボカフェメニューなど、‘のん’の自由でオリジナリ ティ溢れるアイディアの源に触れることができる展覧会となっている。 さらに5月8日には、本展のクロージングイベントとして、歌手としての側面も持つ‘のん’が率いる‘のん’シガレッツの初ワンマンライブが渋谷クラブクアトロで開催されることも決定。ライブには、スペシャルゲストとして大友良英、高野寛、弓木英梨乃(KIRINJI)も出演予定。チケットは、4,000円で一般発売は4月7日。
  • 乃木坂46第3期生8人のメンバーが挑む!「星の王女さま」上演決定!!
    乃木坂46第3期生8人のメンバーが挑むのは、200カ国以上の国で翻訳され約1億5千冊を超える発行部数を誇る“アントンワーヌ・ド・サン=テグジュペリ”の代表作“星の王子様”をモチーフとした「星の王女さま」。 演出はミュージカル「監獄学園」などで高い評価を得る新進気鋭の畑雅文。演劇界に彗星のごとく現れ、その才能は多くの人を魅了し、今後の活躍を期待されている。 21世紀の今を生きる人々に贈る「星の王女さま」はたくさんの歌や可愛いダンスで綴るシニカルSFファンタジー作品。 《STORY》 愛で育てた“バラ”を残し数々の惑星を巡る“王女さま”と、飛行機の部品を探し歩く宇宙飛行士“リンドバーグ”。降り立つ惑星では個性豊かな住人と出会い、「生きることの意味」「愛するということ」を学んでいく。宇宙に一つしかない“かけがえのない何か”を見つけることが出来るのだろうか・・・? 《公演概要》 4月6日(金)~4月15日(日) 天王洲 銀河劇場 4月26日(木)~4月28日(土) 春日井市民会館 <出演者> 伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、吉田綾乃クリスティー
  • ミュージカル『アメリ』 渡辺麻友の相手役は 若手実力派、太田基裕
    先月、渡辺麻友主演でミュージカル『アメリ』を上演することを発表いたしましたが、このたび全情報を解禁 いたします。渡辺麻友演じるアメリの相手役、ニノを演じるのは太田基裕。ミュージカル『刀剣乱舞』や舞台『弱虫ペダル』など、話題の 2.5次元作品に数多く出演しています。高い歌唱力に定評があり、第24回読売演 劇大賞で最優秀作品賞を受賞したミュージカル『ジャージー・ボーイズ』に出演するなど、活躍の場を広げ ている若手実力派俳優の一人です。アメリとニノを取り巻くキャラクターにも、舞台を中心に幅広く活躍する魅力的なキャストがそろいました。映画ともブロードウェイミュージカルとも一味違う、新しい視点で紡がれる魅力的な『アメリ』の世界にどうぞ ご期待ください。 《太田基裕コメント》 今回、ニノ役を務めさせていただきます。アメリは、僕自身大好きな映画です。ファンタジックでユーモアもあり、人間らしい成長も描いていく愛らしいお話です。僕は、ニノとして、アメリの存在意義になれるように。そして、たくさんのお客様に愛していただけるニノを演じていきたいと思っています。優しく、幸せに溢れたミュージカルになるよう頑張ります。よろしくお願いします。
  • MANKAI STAGE『A3!』~SPRING & SUMMER 2018~ 第1弾ソロビジュアル&キャストコメント到着!!
    初の舞台化が決定した、イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』。 先日、キービジュアルと全公演情報が発表され、 今後の展開に期待が寄せられる「MANKAI STAGE『A3!』~SPRING & SUMMER 2018~」。 この度、ソロビジュアル第1弾として、春組から咲也、夏組から天馬を公開! そして佐久間咲也役の横田龍儀さん、皇 天馬役の陳内 将さんよりコメントが到着! :textbox:d0de72cfe09328b2b46b76fe8538c07a4203116d.jpg:textbox:■ 佐久間咲也役 横田龍儀さん 今回、佐久間咲也役を演じます、横田龍儀です。この役が決まったという連絡があった時、とても驚きました。初めての座長ということで、緊張していますが、それ以上に嬉しくてワクワクしています。咲也くんのとても一生懸命で芝居が大好きなところに共感できるので、演じられることがとても嬉しいです!この作品がさらにたくさんの人に愛される作品になるよう、精一杯頑張ります!皆様、どうぞよろしくお願いします!! ■ 皇 天馬役 陳内 将さん 皆さんこんにちは、皇 天馬役の陳内 将です。この度『A3!』という大変人気な作品の舞台化ということで、待ち望んでいらした方も多くいらっしゃると思います。様々な想いを抱く皆様に、舞台上で生身の人間の身体と心を通すことでこの『A3!』への作品愛を更に深めて帰っていただきたいです。その為にも演者、スタッフ一丸となって本番まで邁進していきます。お客様一人一人がこのカンパニーの一員です。『A3!』舞台化!一緒に満開の花を咲かせましょう!
  • のん初個展『‘のん’ひとり展-女の子は牙をむく-』4月開催!!
    女優、モデル、ミュージシャン、画家、と多くの顔を持つ創作あーちすと‘のん’の個展『‘のん’ひとり展-女の子は牙をむく-』が、4月19日から5月8日(火)まで東京・渋谷のGALLERY X BY PARCOで開催される。 今回、展覧会を開催するにあたり、‘のん’がコンセプト・展覧会タイトルを考案。本展の為に描き下ろしたペイント作品、立体物、インスタレーションをはじめ、様々なアート作品が展示される。 また、“持ち帰えれるアート作品”として、展覧会公式図録(=アートブック)も販売する。‘のん’自らが、作品の見方・楽しみ方を身体で表現する、新しい「アート解説本」となっており、展覧会会場で実際に作品と図録を見比べながら楽しむことで、作品に対する解釈が何倍にも広がる内容になっている。 その他にも、オリジナルグッズの販売やコラボカフェメニューの展開、関連イベントの開催など、‘のん’の自由で オリジナリティ溢れるアイディアの源に触れていただける企画満載の20日間になってる。
  • こまばアゴラ演出家コンクール2018 開催決定・募集開始!
    日本の現代演劇界を牽引する平田オリザが芸術総監督を務める、こまばアゴラ劇場が主催する新たな演出家コンクールを開催。 《企画主旨》 現在の日本の演劇界には、演出家に対する賞、特に演出能力そのものを評価する賞が少ないという問題があります。また、若手演出家には自分と異なる文脈を持つ戯曲や俳優に触れる機会がほとんどありません。これらの現状を踏まえ、あらかじめ配役された青年団・無隣館及び関連団体の俳優とともに、若手演出家が課題戯曲の演出に挑む3日完結型のコンクールを実施します。こまばアゴラ劇場は、身一つで参加できる本コンクールで、若い演劇人たちに新しい出会いや視点を得る機会を提供していきます。 新しい才能を発見し、世に送り届けることは劇場の使命です。こまばアゴラ劇場は、日本を代表する民間小劇場として、新しい演出家コンクールを設定しました。一方、このコンクールはゲーム性の強い、観客にも楽しんでいただけるものとなっています。 ぜひ、多くのお客様に、まだ観ぬ才能との出会いを経験していただきたいと願います。 こまばアゴラ劇場 芸術総監督 平田オリザ 《概要》 こまばアゴラ演出家コンクール2018 2018年5月11日(金)~5月13日(日) こまばアゴラ劇場にて開催 ■応募資格:応募時35歳以下のこれから演出家として継続的に活動していきたい方 ■審査員 平田オリザ(こまばアゴラ劇場芸術総監督・劇作家・演出家) 岩井秀人(劇作家・演出家・俳優) 佐々木敦(批評家) 松田正隆(劇作家・演出家) 柳美里(小説家) ■賞:最優秀演出家賞、及び奨励賞 総額50万円 他

  • 日付からイベントを探す
    アクセスランキング
    本日から開催
    投稿フォーム
    facebook