日常に+αの楽しさを!イベント情報サイト「マイライフ・プラス」

Pale but vivid

アート
“What spirit is so empty and blind, that it cannot recognize the fact that the foot is more noble than the shoe, and skin more beautiful than the garment with which it is clothed?”
(足は靴よりも高貴で、肌は衣服よりも美しいという事実に気づけないというのは、どんな空虚で理解を欠いた魂なのか?)ーーミケランジェロ

この度、Sansiao Gallery Tokyoにて「Pale but vivid」を開催いたします。
幽かな光や繊細な陰影でヌードの「美しさ」を映し出した作品をメディウムにこだわらずにセレクトいたしました。
ヌード表現は時代と共に変化してきましたが、この展覧会が人体の美しさを今一度見つめなおす機会となれば幸いです。
ぜひご高覧くださいませ。
イベント詳細
会期  2018年7月14日(土)〜2018年8月3日(金)
出展者  GUIDO ARGENTINI、TONI MENEGUZZO、AKIRA GOMI、ELMER NELSON BISCHOFF、NATHAN OLIVEIRA、JOHN DE ANDREA
会場名  Sansiao Gallery
住所  〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F
時間  12:00〜19:00
料金  入場無料
休日  日曜日、月曜日、祝日
電話番号  03-3275-1008
ウェブサイト  Sansiao Gallery
マップ
■東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」B3出口 徒歩1分
■JR「東京駅」八重洲口 徒歩3分
myLiFE+の最新情報をお届けします。
是非、フォロー、いいねをお願いします。

おすすめイベント
新着ニュース

もっとみる
日付からイベントを探す
アクセスランキング
本日から開催
投稿フォーム
facebook