日常に+αの楽しさを!イベント情報サイト「マイライフ・プラス」
小池博史ブリッジプロジェクト汎アジア計画

戦いは終わった

マハーバーラタより
演劇・舞台
小池博史ブリッジプロジェクトが2013年から2020年までの8カ年計画で臨む、インド古代叙事詩「マハーバーラタ」の全編舞台作品化計画。各国の有名演出家をはじめ、近年注目されている「マハーバーラタ」。演出家・小池博史が手がける「マハーバーラタ」は、これまでカンボジア・ベトナム・インド・マレーシア・タイ・中国・フィリピン・インドネシアなど、アジア各国で大絶賛でむかえられてきた。5年目となる2017年はタイでの滞在制作及びタイと日本での公演ツアーに挑む。アジア各国のアーティストらが共同で取り組み、発展を遂げる本事業はアジア、そして世界へ向けてビッグウェーブを起こす。タイと日本から世界へと発信する本作。どうぞお見逃しなく!

≪あらすじ≫
「マハーバーラタ」は、世界三大叙事詩の一つ。神々の子孫である一族がインドの地で興り、内部紛争を経て、最終的にはその勝者までもが滅亡の道を辿り、完全に一族が滅亡するまでを描いた物語。今年度描くのはこのうち、 一族が滅亡を迎えるクルクシェートラの戦いから物語の結末まである。クルクシュートラにて勃発する戦いにおいて、それぞれの登場人物たちは悩み、苦しみ、止められぬサガを歩むが、その姿を通して戦いと平和の意味、そしていま私たちの直面する社会の行く末を問う。
イベント詳細
会期  2017年8月12日(土)〜2017年8月13日(日)
出演者  白井さち子、小谷野哲郎、Waewdao Sirisook、Lee Swee Keong、Teenawat Mulvilai、Ronnarong Khampha、Sandhidea Cahyo Narpati、Suphakit Chaiwut、Chaiwattana Saisoeng
スタッフ  脚本・演出:小池博史
舞台美術:Sukrit Kaewdam、Agung Kurniawan、Firos Khan
作曲:Saran Suwannachot、藤井健介、下町兄弟
衣装:Pornbuncha Maikanta、Lulu Lutfi Labibi、
Mandakini Goswami
マスク:I Wayan Tangguh、I Made Sutiarka
映像字幕:Visithyro Chea
舞台監督:Sarut Komalittipong
照明:上川真由美
音響:蒋 斯汀
音楽プラン:小池博史
演出助手:中川知恵
宣伝美術:梅村昇史
制作:悪澤仁美、木村元郁
会場名  パルテノン多摩 小ホール
住所  〒206-0033 東京都多摩市落合2-35
時間  8月12日(土)19:00☆
8月13日(日)14:00
※☆公演終了後アフタートークあり
料金  前売 一般 3,500円、高校生以下 2,500円
当日 一般 4,000円、高校生以下 3,000円

◼︎チケットの取扱い
⇒株式会社サイ 03-3385-2066
⇒チケットパルテノン 042-376-8181
⇒ローソンチケット 0570-084-005(Lコード:32678)
電話番号  03-3385-2066(株式会社サイ)
ウェブサイト  公式サイト
ウェブサイト  パルテノン多摩
マップ
■京王線・小田急線・多摩モノレール「多摩センター駅」徒歩5分
myLiFE+の最新情報をお届けします。
是非、フォロー、いいねをお願いします。

おすすめイベント
新着ニュース

もっとみる
日付からイベントを探す
アクセスランキング
本日から開催
投稿フォーム
facebook