日常に+αの楽しさを!イベント情報サイト「マイライフ・プラス」
劇的集団まわりみち'39 第8歩目本公演

誕生へのロードワーク

<應典院舞台芸術祭 Space×Drama×Next2018 参加作品>
演劇・舞台
しょうがないこと。
人生で。
あきらめたこと、妥協したこと、事情があってそうなってしまったこと、信じてやったけど報われなかったこと。
過ぎたこと。
でも、もし社会が違ったら、それはしょうがないことでは、なかったかもしれない。
あきらめることに慣れてはいけない。
あきらめることに慣れてしまったら、
知らないふりをして、いつか他の誰かを―――

UTとVT、ふたつの民族が暮らす国。少子化に悩むUTたちは、社会全体で一つの方向に向かうべく、家族の在り方を抜本的に変える「親ひとり子ひとりの政策」を施行した。愛する者との交わりを排除してシステマチックに生きる、新しい世界。順応していく人々。一方VTは、同じ国でも民族が違うために自治区で伝統的な暮らしを続ける。彼らの中には、むかしUTから受けた凄惨な仕打ちを今も忘れずにいる者たちがいて…
人生や世界には大きな結末や何かの答えはないけれども、その中で誠実に生きるとはどういうことかを観客ひとりひとりに問いかける作品。

<應典院舞台芸術祭 Space×Drama×Next2018 参加作品>
イベント詳細
会期  2018年6月29日(金)〜2018年7月1日(日)
出演者  慶雲、Nowhere Man、深井諒、斜あゐり、モモトモヨ、二十八鳴海(以上 劇的集団まわりみち'39)、羽田兎桃(兎桃企画)、七井悠(劇団飛び道具)、江戸ハレ(演劇集団あしたかぜ)、山崎千里佳
スタッフ  作・演出:斜あゐり
舞台監督:関川佑一(S-pace)
美術:はせがわまみこ
照明:真田貴吉
音響プラン:Nowhere Man
音響操作:松田賢二(S-pace)
演出助手:まりん
制作:劇的集団まわりみち'39
写真:紅たえこ
宣伝美術:モモトモヨ
Web広報:七色からす
声の出演:兒林美沙紀、萩田景子、金山雪乃
会場名  浄土宗應典院 本堂
住所  〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27
時間  6月29日(金)19:30
6月30日(土)13:30
6月30日(土)18:30
7月1日(日)13:30
※開場は開演の30分前です
料金  当日精算 3,000円
事前振込 2,300円(6/15まで)
ほか割引あり
電話番号  06-6771-7641
ウェブサイト  浄土宗應典院
マップ
■地下鉄堺筋線「日本橋駅」徒歩7分
■近鉄線「日本橋駅」8番出口 徒歩7分
■地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」徒歩8分
■近鉄線「近鉄上本町駅」3番出口 徒歩8分
■地下鉄御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば駅」徒歩20分
■近鉄線「近鉄難波駅」徒歩20分
■南海線(南海電鉄)「なんば駅」徒歩20分
myLiFE+の最新情報をお届けします。
是非、フォロー、いいねをお願いします。

おすすめイベント
新着ニュース

もっとみる
日付からイベントを探す
アクセスランキング
本日から開催
投稿フォーム
facebook